ホーム > アメリカ 旅行の豆知識

こちらではアメリカの基本情報や旅行に関する情報をご紹介しています。アメリカへの旅行の際にご活用下さい。

アメリカ(正式名称:アメリカ合衆国)は50州からなる国になります。国土面積は約950万KMほどもあり、日本の25倍もの土地を持つ大きな国です。言語は英語、通貨は米ドル。

現在アメリカは、ビザ免除プログラムを実施しており特定の国籍の方がアメリカに渡航する場合、有効なパスポートと往復又は次の目的地までの航空券を所持し、渡米の目的が短期の商用や観光であればビザなしでアメリカに90日以下の滞在が可能となります。但し、ビザなしで渡航する場合、グアム、サイパンを除き、事前にESTA(電子渡航認証システム)の登録が義務付けられています。尚、ESTAはビザなしで渡航される方に対してのみ必要であり、留学や就労など別のビザを持っている場合には登録の必要はありません。

2006年10月26日以降にアメリカへ入国を希望される方に対して、IC旅券の保持を義務付けています。この日以前のパスポートを保持している場合には、機械読み取り式のパスポートであればESTA登録が可能となります。日本国内で発行されたパスポートであれば機械読み取り式のパスポートになっていますが、海外の大使館や領事館で取得したパスポートの場合、パスポートの写真のページにTHIS JAPANESE PASSPORT IS NOT MACHINE READABLEと記載されている場合には機械読み取り式ではないため、短期間の旅行や商用目的であってもビザの取得が必要となります。

 

アメリカでの一般的な生活情報について簡単に説明しています。州や町により異なることがありますのでご注意下さい

アメリカは120ボルトのため日本の100ボルトとは電圧が異なります。電気機器によっては変圧器が必要です。
水道水を飲むことはできますが、地元の方々もミネラルウォーターを利用しています。
日本から持ち込むか、現地でレンタルしたり、プリペイドを購入することができます。日本とは異なり、受信時にも通話料金がかかります。また携帯の機能も日本とは大きく異なります。
011-81(日本の国番号)- 以下、相手の電話番号で通話できます。最近は国際電話カードなどがあり、安く国際電話をかけることが可能です。
短期間の滞在であれば日本の国際免許にて運転することができますが、長期の場合には現地の免許証を取得することも可能です。州によりルールが異なりますので、事前に隔週のDMVにてご確認下さい。車は左側が運転席の右側通行、ウインカーとワイパーが逆になりますので運転の際にはご注意を。
お店により異なりますが、銀行は平日9時から17時、デパートやお店は平日10時から19時が一般的です。レストランやカフェ、バーなどは遅くまで営業しています。
アメリカではチップ制となっています。サービスを受けた場合やタクシーを利用した場合には料金の10%を目安にチップを支払うようにしてください。
米国渡航認証ESTAの情報提供、相談、申請代行などのご案内。その他、渡航認証が拒否された際の対応方法、ビザ申請が必要になった際の申請代行などもお手伝いしています。